リカバリーサンダルという選択肢

alttext#

夏はサンダルが気持ちいい。一口にサンダルといっても、普通のビーチサンダルやクロックスタイプのもの、ビルケンシュトックタイプなど多岐に渡っていて、つい色々と目移りしてしまう。

どのサンダルを選んだら良いのか。ぼくはこんな使い分けでサンダルを選んでみた。

ちょっとコンビニへ

サンダルってソックスを履かずに気軽に外に出歩けるのが良いと思っていて、そんな時にピッタリだと思ったのが、今年購入してみたリカバリーサンダルのOOFOS(ウーフォス)の鼻緒つきのOOriginal。


【正規品】ウーフォス OOFOS リカバリーサンダル OOriginal ユニセックス 全6カラー | ウーオリジナル 衝撃吸収 リカバリーシューズ メンズ レディース スポーツサンダル ビーチサンダル 5020010 【送料無料】【あす楽対応】【ギフト】

OOFOSについてはSHIPS MAGのスペシャル対談に書かれている紹介を引用しておきます。

Reebokの製品開発チームが2年半をかけて開発に挑み、2011年にデビューを果たしたリカバリーシューズブランド。通常のシューズは前進力を生むために足裏への衝撃を大きくしていますが、『OOFOS』の発想はその真逆。衝撃を吸収し、膝・腰・背中にかかる負担を軽減することで、スポーツ後の体のリカバリーを実現するシューズを生み出しました。

OOFOSの特徴であるソールの特殊素材OOfoamは衝撃の反発を37%抑えるといい、着地したときの足裏への衝撃が軽減されるため、膝・腰・背中にかかる負担が大きく軽減されるらしい。

実際に履いてみると「とろふわ」な感触。粘土の中に足を突っ込んだ感じ? 一般的なビーチサンダルと何が違うのかは公式サイトのQ&Aにも書かれている。

従来のビーチサンダルは快適である一方、クッション性と土踏まずのサポートには不足があり、時に腱炎を引き起こす原因となります。多くの医療現場の権威は、こういった理由からビーチサンダルの着用を推奨しません。OOFOS®はこれまでのビーチサンダルに欠けていた衝撃吸収と土踏まずのサポートを目的にデザインされています。

衝撃が和らぐので、履き心地は良いけれど、鼻緒部分は実際に履いてみると、結構トング部分が太いので、慣れの問題かもしれないけれど、ちょっと痛みというか、違和感はありました。これはぼくが外反母趾だったりすることが影響するかもしれないけれど。

OOFOSは鼻緒のあるビーチサンダルタイプ以外にも、トングがない、いわゆるシャワーサンダルタイプもあるけれど、家から10分程度の徒歩圏内の散策やスーパーへの買い物にはシャワーサンダルよりも、ビーチサンダルタイプの方が使い勝手は良いとぼくは思う。


[ウーフォス] リカバリーシューズ Ooahh Sport 5020040 Red/White & OO US M4/W6(23 cm)

ベランダ用には

逆に、シャワーサンダルタイプはベランダ用に最適。あとゴミ回収日にゴミ袋を家の前に出したり……。最大のメリットは靴下を履いていても使えて、0.5秒で履ける気軽さ。たとえば以下のようなNIKEのサンダル。


(ナイキ) NIKE サンダル ベナッシ BENASSI ロゴ シャワーサンダル スライドサンダル べナッシ JDI 23.0cm ホワイト×ブラック

シャワーサンダルタイプも、当然ちょっとコンビニに行くサンダルとして使えるけれども、店員さんとも話していて「そうだな」と思ったのは、自動車の運転には適していないなと。足が自由すぎるのでアクセルを踏んだりするときの動作がしづらい。もちろん、出来なくはないけれど、脱げそうになるので気を使いながら運転するのは疲れる。その意味では鼻緒があるタイプの方が気軽に運転するのには向いていると思う。

ビーチサンダルタイプも良いのですが、鼻緒があるタイプは靴下を履いていると、履けない。もちろん、5フィンガータイプのように足指が分かれている靴下は別です。

しっかりお散歩&街中歩き

長い距離をしっかり散歩したり、街中を歩く場合は足にしっかりフィットしてズレないストラップサンダルが好きです。ぼくが選んだのは2種類あります。LUNA SANDALとXERO SHOESのウマラZトレイルです。


Luna Sandals(ルナサンダル) Venado 2.0 (ベナード2.0)

※ウマラの方は楽天とamazonいずれも定価よりも値段が高く設定されているので、リンクは公式サイトに貼ってあります。定価は11800円(税抜き)です。

両方とも足を鍛えるサンダルというカテゴリーに入る裸足感覚で履けるサンダル。しっかりと地面をつかんで、開放感があって良い感じ。あまりの開放感に走り出したくなる時もあるくらい。ビーチサンダルと違って、しっかりと足に止めるので、カパカパせずに走りやすい。

デメリットは長所の裏返しではあるけれど、足の筋肉が最初のうちは疲労することと、足のかかとをしっかりと固定するので履くのにやや手間がかかること。だから、しっかり散歩のときにはちょうど良いけれど、ちょっとコンビニまでといったときにはビーチサンダルやシャワーサンダルの方が気楽。

LUNAサンダルは本当にペラペラで、裸足で歩いている感覚にめちゃくちゃ近い。ただし、慣れてこないと足の疲労がハンパないので、もう少しクッション性のあるものとしてウマラZトレイルを使ったりしています。以前、中国・海南島に旅行に行ったときに愛用していたのはウマラの方です。(→海南島 trip2017-4 あったら便利

最後にまとめると、サンダルのタイプは大きく3つあり、気軽さの順で

シャワーサンダル→ビーチサンダル→ストラップサンダル

という感じになる。ただ、それぞれ良さが違うので、ぼくは用途に合わせて使っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
Theme by LIQUID PRESS.