海南島 trip2017-5 中国にも「変なホテル」

alttext#

恐竜型や女性型のロボットがフロントでチェックイン業務を担当する“ロボットホテル”として知られるハウステンボスの「変なホテル」。チェックイン業務とまではいかないものの、中国・海南島にもロボットが部屋まで案内してくれるホテルがありました。三亜の鳳凰国際空港の目の前にある空港直結ホテル「Phoenix Airport Hotel」です。

チェックインを済ませると、部屋までロボットがご案内。

alttext#

エレベーターも自動で呼び出してくれるようで、ロボットの後ろを付いていけばいい。とはいえ、部屋番号わかれば、まだ人が歩いた方が早く、まだまだ「おもちゃ」レベル。でも、こうやって少しずつ改善を加えていくと、一定程度のところで化けるのかもしれません。とりあえず、新しいモノを取り入れてやってみるスピード感は見習いたいものです。

ちなみに、このPhoenix Airport Hotel。今年3月に開業したばかりとのことで、すごく内装が清潔感あって良かったのですが、水回りはまだまだ荒削りで中国っぽい感じでした。シャワーを浴びていると、排水溝が細いせいか水が流れていかずに気を抜くとフロアに水が流れ出てしまう。水の節約には良いかもしれませんが、水を出しっぱなしでシャンプーすると、気づけばフロアが水浸しってことになりかねません。

あと新しい施設のせいか、建物の通気性の問題なのか、湿気が通路から抜けていかずに湿ったニオイが少しするのもマイナス点。立地と内装のキレイさは◎ですが、細かいところではマイナス点もあり、立地の良さを考えると、やはり一泊だけが正解だったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
Theme by LIQUID PRESS.