奥多摩駅からつるつる温泉の旅【前編】

せっかく夏休みシーズンということで山歩きの備忘録。今回のルートは奥多摩駅→愛宕山→鋸山(のこぎりやま)→大岳山→ロックガーデン→御岳山(みたけさん)→御岳山ケーブル駅→日の出山→つるつる温泉→武蔵五日市。だいたい20㎞くらいの距離を写真でレビューしてみます。

【装備】
本題に入る前に、念のため装備も参考までに書いておきます。夏山で低山なので、服装は上半身は半袖のシャツ、下半身は機能性タイツに短パンです。具体的な持ち物は以下。

  • ザック(ultimate direction fastback 20
  • トレランシューズ
  • 水2リットル(内訳はUDのソフトフラスクBody Bottle Plus 500㎖×2本+Platypus 500㎖×1本+ペットボトル500㎖×1本)
  • 汗ふきタオル
  • 雨具(THE NORTH FACERAINTEX Plasma)
  • PATAGONIA HOUDINI JACKET
  • 温泉用着替えとタオル
  • 日焼け止めクリーム
  • 補給用エネルギー(飴やアミノバイタル)
  • 救急用セット
  • ヘッドライト
  • お弁当(おにぎり)

服装は

  • finetracksのスキンメッシュ(半袖)に機能性Tシャツを重ね着
  • 機能性タイツはワコールのCW-X GENERATORの上に「山の道 5-Pockets Shorts
  • 腕時計(Garmin fenix3

という組み合わせ。日焼けはしてもいいけど、痛くなるのがイヤなので日焼け止め付けてます。地図はiPhone アプリの「山と高原地図」、コンパスはfenix3で代用してます。

【JR奥多摩駅〜愛宕山〜大岳山】

JR奥多摩駅の改札を出ると左手にはトイレがあり、みんなココで用を足し、駅の入り口にある登山届けを提出していざ出発。登山口に向かうため駅を背にして左の方に進みます。

奥多摩駅

信号を渡ってガソリンスタンドのエネオスの看板を通り過ぎて橋を渡ると、すぐ右手に登山口があります。

登山口

この階段を上がると、いきなり「山」な感じの道に。

奥多摩トレイル1

ちょっと行くと最初の難関が待ち受けている。一説には187段あるという石段です。斜度は45度くらい。写真で見る以上に天を見上げる感じで、最初はびびるかもしれませんが、意を決して一歩一歩慎重に登っていく。

Okutama kaidan

難関の石段をクリアしてしまえば、比較的足がスムーズに進んで、あっという間に愛宕山山頂に到着します。五重の塔を鑑賞すると、すぐに次に進んでいきます。目指すチェックポイントは大岳山に続く鋸山(のこぎりやま)です。

五重の塔

結構、以下のような道がアップダウンと続いていきます。

奥多摩トレイル2

途中のお楽しみは鉄の階段と鎖場。

奥多摩トレイル3

奥多摩トレイル4

晴れていると、途中の山林から眺められる景色はすごくきれいです。山林の中を歩いて行くので直射日光が当たらずそこまで暑くありません。

奥多摩トレイル5

昭文社の「山と高原地図」によると、登山口から鋸山までの標準時間は2時間20分。鋸山から大岳山までが1時間40分くらい。午前8時40分頃に奥多摩駅を出発し、できれば12時くらいには大岳山に到着したいなぁと思っていたところ、結構良いペースだったのか、10時過ぎに鋸山に到着。

奥多摩トレイル6

なんというか、まだかなぁと歩いていると、突然ぽっかり空いたスペースが登場してココが鋸山山頂だという標識が建ててある。あまりの唐突感に逆にびっくりしました。山頂じゃないみたい。それでも標高は1109メートル。ほんのちょこっとだけ休憩。その後は比較的歩きやすい道が続く。

奥多摩トレイル7

奥多摩トレイル8

鋸山を過ぎるとそこまで難所はあまりなく、鎖場も1,2カ所だった気がします。ずんずん歩いて行くと、今度は山頂らしきスペースが。とは言っても、そこまで広くはなく結構人が休憩していました。

大岳山頂

あいにく大岳山山頂に到着したときは雲がかっていて、そこまで感動的な風景ではありませんでした。青空が見渡せるときにまた来たいところです。到着したのは11時30分過ぎ。お腹も減ったので、ココで昼食のおにぎりを食べる。エネルギーを補給していよいよ、今回のルートで自分が目玉に据えるロックガーデンに向かいます。(後編へ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
Theme by LIQUID PRESS.