Apple Watch ではなくfenix3を選んだ理由

スマートウオッチならApple Watchが話題ですが、選んだのはGarminが2015年に発売したfenix3

Fenix3 package

元々、使っていたのはCasioのG-Shock。実はこちらも結構、お気に入りだったのですが、トレーニングの一環で山登りやジョギングを始めたら、もう少しインターネットと連動した腕時計がほしくなってきた、というのが動機です。

そのため次の時計に求める条件を考えてみると、

  • 防水性(100㍍以上) 
  • GPSナビ機能
  • iPhoneとの連携
  • ヘルスケアアプリとの連携(ジョギングや自転車などのログが取れる)
  • 耐久性
  • デザイン性
  • バッテリーが24時間以上持つ
  • 世界時計機能がある
  • ストップウオッチ

Fenix3 body

Apple Watchも魅力的ではあるけれど、防水性とバッテリー、バンドが価格の割に安っぽいという点がマイナス。しかも、まだヘルスケアアプリを十分に使いこなせるだけのスペックがハード面でもソフト面でもあと一歩。現時点で買うならfenix3の方が魅力的だったと言うわけです。

日本未発売なので、海外サイトから購入したのですが、情報が限られていたので備忘録も兼ねて書きます。購入したのはfenix3のgrey。時計の盤面が傷つきにくいサファイアガラスと悩んだのですが、メタルバンドが個人的には好きではなく、にもかかわらず傷つきにくいという理由だけで+約2万円は高いな、と思ったのでgreyにしました。

価格はラバーバンドの方が500ドル、サファイアガラスの方が600ドル。情報収集してみると米国のアウトドアショップ「rei」とスペインのトレッキングや自転車サイト「trekkinn」で購入している人が目立っていたので、ぼくはスペインの方のサイトで購入。日本の個人輸入業者もあったのですが、価格が7万円以上したので、直接購入した方が断然安い。

スペインのサイトの方が為替を考慮しても最安値(日本円で5万円くらい、今は円安でもうちょい高め)だったので、郵送料がDHLで2628円、関税で3820円かかったとしてもtrekkinnの方がお得でした。注文すると、身元確認のためにパスポートのコピーを送れ、というメールが来るので、スキャン。サイトにメールアドレスとパスワードを入れると、購入者のログインサイトに行くので、サイト上でスキャンしたファイルをアップロード。注文から6日間で手元に届きました。

もう少し難航するかと思ったのですが、意外とすんなり行きました。使い勝手はこれから研究していきます。

ちなみに、日本語で参考にしたサイトは

Garmin Fenix 3 vs Suunto Ambit3 Peak
BEACH RESORT PHOTOCLIP(ここが日本語のサイトでfenix3について最も充実した情報をまとめて提供してくれてます)
今更ですが、SUUNTO(スント) AMBIT3 PEAKとGARMIN(ガーミン) fenix3を比較してみました!
GarminFenix3が届いた(購入の流れはこちらが詳しいです)
Garmin Fenix 3が気になりだした

Comments “3”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
Theme by LIQUID PRESS.