創業5年で年商1兆円 小米の実力

中国のスマホメーカー「小米科技(シャオミー)」の2014年売上高が1兆円を超えたって話がニュースになっています。創業からわずか5年。中国国内のマーケットが大きいのはわかりますが、このスピード感はすごい。

ちなみに、小米は雷CEOがアップルの故スティーブ・ジョブズ氏に傾倒して同じ服装ような服装で業績やビジョンの説明をするので、中国のアップルと呼ばれたりしてます。小米のすごさについては、アスキーの記事「中国のAppleことシャオミー(小米)5つのスゴイこと」が簡潔にまとめてくれているので、そちらをどうぞ。

全体像を把握するという意味ではハフィントンポストの「『中国のジョブズ』率いる『中国のアップル』スマホで躍進する小米(シャオミ)とは?」も参考になりました。

簡単に箇条書きで、ぼくが思う小米のポイントを覚え書きとして書いておくと、

  • ビジネスの肝は高機能低価格モデル
  • それを支えるのは(1)Weibo(中国版ツイッター)などを使ったネットの口コミを最大限に生かし、莫大な広告費を抑える
  • (2)年間に投入する新機種は1つに絞り、部品の量を確保して生産コストを抑える、の2点

ビジネスモデルとして学ぶべきことがたくさんありますが、考慮しておかなくてはいけないのは、

  • 中国だからこそ成立するモデル(Weiboなど利用者の母数が多く、ネットをうまく使えば費用対効果が大きい)
  • 創業メンバーのキャリアが突出しており、背景に多様な人的ネットワークがあると予想されること
    ちなみに、スマホ端末の設計や生産は外注で、特に生産はアップルからも受託する台湾・鴻海精密工業。

中国の新興IT企業ではアリババに次ぐ、成長企業として注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
Theme by LIQUID PRESS.